日刊動画プロレス

ここ数年、新日本プロレスを中心に人気が復活しつつあるプロレス団体公式動画を中心に、プロレスニュース、試合動画などをまとめました。

カテゴリー:DDTプロレスリング

DDTは「Dramatic Dream Team」の略で小林まことのプロレスを題材にした漫画「1・2の三四郎 2」の主人公が所属する「ドリームチーム」にプロレス技名にも使用されているDDTが略称となるようDramaticを冠したのが由来。

ロゴマークは「D2T」と表記される。

設立当初はドラマチック・ドリーム・チーム(DDT)が正式な団体名であった。

2004年、新法人への移行と合わせて団体名をDDTプロレスリングに改称。

現在は複数ブランドや子会社も展開してDDTプロレスリンググループを構築している。

エンターテインメント色が強くプロレス記者の鈴木健により、このスタイルを「文化系プロレス」(高木三四郎の著書「俺たち文化系プロレス DDT」がある)と名づけられた。

元社長の一宮章一は「小さなWWE」と表現したことがある。

小規模会場やライブハウスで定期的な興行を開催してエンターテインメント色を大胆に打ち出すことによって支持を拡大。

こういったスタイルは現在、新しく設立するプロレス団体が、こぞって追随している。年に数度地方遠征も開催している。

2005年から2008年まで東京都足立区入谷に道場を構えて道場で試合を定期的に行っていたが諸事情により道場を手放したため新木場1stRINGなど外部の施設を借りて練習を行っていた。

2014年12月17日、それまでレンタルという形で使用していたZERO1道場をプロレスリングZERO1とスターダムでシェアする形で使用することを発表した。

なおDDTでは竹芝プロレス道場と呼んでいる。