動画で見るアイドル戦国時代

AKB48・ももいろクローバーZ・乃木坂46・ハロー!プロジェクトの4大四天王を頂点とした女性アイドルグループの公式YOUTUBE動画を中心にまとめています。

カテゴリー:NGT48

NGT48(エヌジーティー フォーティエイト)は、秋元康のプロデュースにより、2015年に誕生した新潟市を拠点とする日本の女性アイドルグループ。

AKB48グループを構成するグループのひとつである。

AKB48を含めて日本国内外にあるAKB48の姉妹グループ(AKB48グループ)の7組目(日本国内5組目)として2015年に結成され、同年8月21日に新潟市歴史博物館(みなとぴあ)でお披露目された。

新潟市中央区万代にある『ラブラ2』4階に、専用劇場『NGT48劇場』が2016年1月10日にオープンした。

2017年4月12日に、ソニー・ミュージックレーベルズのアリオラジャパンレーベルよりシングル「青春時計」でメジャーデビューし、Billboard JAPANの「Hot 100」および「Top Singles Sales」の各チャート、オリコン週間チャートなどで第1位を獲得している。

グループ名の「NGT」は、劇場所在地である新潟市および新潟県の「新潟」(NIIGATA)に由来する。

世間では札幌や沖縄に新グループが誕生するのではないかとの噂があり、プロデューサーである秋元康すら最初にスタッフから新潟の新グループ発足について聞いたときには驚いたという。

関係者によれば、新潟にAKB48グループの誘致を働きかけたのは、NGT48劇場が入居するラブラ2を運営する三井不動産と地元のバス事業者である新潟交通だという。

物販だけでは地域活性化に限界があり、「体験型」活性化策が必要だとして若者や30 – 40代の客層が見込め、新潟への経済効果が期待できるNGT48劇場の誘致が進められたという。

背景には秋元康の「日本海側にもAKB48グループを」という思惑もあった。

グループ立ち上げ時のメンバー26名の平均年齢は16.7歳と、姉妹グループと比較して若干高かった。

他の姉妹グループと同様に、グループ名から1文字ずつ取ったチーム制を導入しており、2017年7月時点で「チームNIII」の1チームとチームに所属していない研究生により構成されている。

メンバーは2017年7月時点で、チームNIII 16名、研究生 9名の計25名で、そのうち1名がAKB48との兼任である。

グループのロゴマークは、県鳥の朱鷺をイメージしており、   白の背景に   赤の「NGT48」の文字と背景の右と下に赤いエッジを配したものが使用されている。

今村によると、新潟を訪れた際に見た新幹線に描かれていた朱鷺の印象からこのカラーに決定した。

白は新潟の米や雪景色、赤は情熱もイメージしている。

週間人気動画

まだデータがありません。