動画で見るアイドル戦国時代

AKB48・ももいろクローバーZ・乃木坂46・ハロー!プロジェクトの4大四天王を頂点とした女性アイドルグループの公式YOUTUBE動画を中心にまとめています。

カテゴリー:HKT48

HKT48(エイチケーティー フォーティエイト)は、福岡市を拠点に活動する日本の女性アイドルグループ。

2011年10月23日に誕生した。AKB48と同様、秋元康が総合プロデューサーを務める。

AKB48の全国展開第3弾として福岡市が選ばれた。

2011年7月10日に第1期生オーディション最終審査が行われ、2011年10月23日に西武ドームにおいて開催されたAKB48の握手会イベントでメンバーが初めてお披露目された。

結成時の平均年齢は13.8歳で、姉妹グループの中で最も若いグループとしてスタートした。

福岡市中央区地行浜(シーサイドももち)のホークスタウンモール2階に専用劇場『HKT48劇場』を有し、2011年11月26日に初公演を行い、以後原則的に毎日公演を行っていた。

AKB48と同様、AKSが運営管理を行っていたが、ホークスタウンモールの再開発に伴い2016年3月末をもってHKT48劇場は閉館し、2016年4月28日より福岡市中央区天神の商業施設・ソラリアステージ6階の『西鉄ホール』を本拠地劇場として公演を行っている。

2017年秋以降は、西鉄ホールに加えて福岡市博多区千代の西部ガス本社内・パピヨン24に入居する『ガスホール』でも定期の劇場公演を行う予定である。

なお、西鉄ホールおよびパピヨン24ガスホールはHKT48劇場と異なり、専用劇場ではない。

グループ名の「HKT」は、福岡市の別称もしくは福岡市の一部地域を指す「博多」(HAKATA)に由来する。

2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」をリリースしメジャー・デビュー、初週25万枚を売り上げ、オリコンウィークリーチャート1位を獲得している。

なお、劇場初公演からCDデビューまでの期間は480日で、AKB48の日本国内での姉妹ユニット中最長であった(AKB48が55日、SKE48が304日、NMB48が200日)。

秋元康はそれぞれのグループに良いところがあり、SKE48は「ダンスがすごい」、NMB48は「トークがおもしろい」とした上で、HKT48については「仲の良さ」を評価した。

HKT48が独自のカラーを持つコンテンツとして挙げられるのが「ライブ」である。

セットリストは指原莉乃を中心にメンバー自らが組むことが多く、ふだんAKB48では披露されることがないような楽曲を、HKT48が披露して人気となったものもある。

さらに、乃木坂46やモーニング娘。、小泉今日子、ももいろクローバーZ、アイドルマスター シンデレラガールズといった、AKB48グループ以外の楽曲も多く取り入れている。

このような取り組みは、2013年4月に日本武道館で開催された『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』における初のHKT48単独公演で、当時HKT48にはオリジナル楽曲が少なかったため、指原は姉妹グループの楽曲を積極的に取り入れ、さらには「AKB48の公式ライバル」である乃木坂46の楽曲までも使用してしまおうという、「禁じ手」だと思われていた、AKB48に関わる者では思いつかない、または思いついても手を出すことはなかったアイデアを次々に提案していったことがきっかけである。

しかしながら、使用する楽曲は、あくまで「秋元康プロデュース」の範疇であった。

2014年1月に開催された『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』初日公演において、モーニング娘。のヒット曲「ザ☆ピ〜ス!」を披露したことから、秋元康プロデュースの枠を超えた楽曲を取り入れるようになった。

西日本新聞社の古川康裕によると、先述の九州7県ツアーではトロッコに乗って客席の近くまで来たり、ボールを投げてきたり、MCのクオリティーが高かったり、曲中やたらと煽りを入れてきたりと「ライブの盛り上がりが尋常じゃなかった」といい、AKB48のドーム公演とも違った盛り上がり方だという。

週間人気動画

まだデータがありません。