南紀和歌山釣太郎

南紀和歌山釣太郎 南紀和歌山釣太郎

南紀和歌山の海釣りの情報を毎日提供。釣果情報やインターネットライブカメラ、釣り場のポイント地図。

スポンサーリンク
南紀和歌山釣太郎

マアジとヒイラギがヒットしたサビキ釣り

南紀和歌山釣太郎

スーっとウキが沈んだ! 本日のサビキ釣り

南紀和歌山釣太郎

3/16(土)悪天候ですが、それでも沖磯のは釣り人の姿が

南紀和歌山釣太郎

微妙なウキの反応。 振動するようにサビキウキが動いていますが、これはヒイラギが2匹ヒットした時のシーン。アジならばスーと沈むのですが。  サビキ釣り初級入門

南紀和歌山釣太郎

雨、本降りになってきました! 3/16(土)午前5:10

南紀和歌山釣太郎

春休みは車横付けしてサビキ釣りはいかがですか? 白浜温泉の帰りにでもちょっとだけ竿を出して魚釣りして遊びませんか?簡単な竿リールセットもご用意しています。干潮時には磯遊びも。

南紀和歌山釣太郎

キスと思ったらネズミゴチ(メゴチ)。3月15日金曜日の投げ釣り

南紀和歌山釣太郎

浮きが震えたり寝転んだり沈んだりして動くのを見ているだけで楽しいサビキ釣り。アジのヒットした時のウキの動き。

南紀和歌山釣太郎

南紀白浜温泉に行くのなら、ちょっとだけ干潮時のタイドプールを覗いてみませんか?

南紀和歌山釣太郎

【春の小魚釣りは初心者に最適】漁港内の小魚がマキエサに反応するまでの大きさに成長しました。

南紀和歌山釣太郎

車を横付けにしてサビキ、アオリイカ、チヌ、夜釣りができる和歌山県田辺市江川湾。ガシラも狙えます。

南紀和歌山釣太郎

10センチ弱のカタクチイワシの群れが波打っています。雨ではありません。3月15日金曜日

南紀和歌山釣太郎

マルアジが多いのですがマアジも混じっている田辺市文里(もり)湾は朝よりも夕方の方がねらい目。ただし釣り人も多く昼2時から場所どりしている人も。

南紀和歌山釣太郎

水槽の中は魚の糞だらけ

南紀和歌山釣太郎

前アタリの後ウキが沈む! アジがヒット! サビキ釣り

南紀和歌山釣太郎

潮が引いたら磯にできる潮だまり(タイドプール)のなかの小魚を捕まえてみませんか?和歌山南紀の磯は一級品。磯遊びに最適。ほんまもんの自然を親子で体験してください。

南紀和歌山釣太郎

ヒラスズキ仔魚(セイゴ)飼育中

南紀和歌山釣太郎

カサゴ(ガシラ)も食べなければ放流してやってください

南紀和歌山釣太郎

和歌山南紀で最も注意すべき刺毒魚ゴンズイ。これに刺されると大人でも泣く人がいるほどの激痛なので要注意。

南紀和歌山釣太郎

潮溜まりには小魚をはじめ小エビ、ヤドカリ、イソギンチャク、ウミウシ、貝類等いっぱい。春休みは和歌山南紀の綺麗な海で磯遊びしませんか?

南紀和歌山釣太郎

マルアジが多くなった田辺市文里(もり)湾のアジ釣り

南紀和歌山釣太郎

今朝はマルアジが多かった田辺文里(もり)湾のサビキ釣り

南紀和歌山釣太郎

アジがヒットして竿が曲がる! 3/14(木)のサビキ釣り

南紀和歌山釣太郎

アミエビを食べれる大きさまで成長した小魚。これは片口イワシですが10センチ弱のサイズ。0.5号から1号針のサビキ仕掛けで簡単に釣れます。しかも車を後方に置いて竿が出せる田辺市芳養(はや)湾。

南紀和歌山釣太郎

ボラは海面で浮いていることが多い

南紀和歌山釣太郎

アジ釣りは朝はさっぱりですが、夕方は釣れているので釣り人もかなり多いそうです。田辺市文里(もり)湾。

南紀和歌山釣太郎

仕掛けを回収したら針がない、という時は大抵こいつの仕業。 ラインを噛み切るフグの鋭い歯。

南紀和歌山釣太郎

船から沖磯に渡る釣り人

南紀和歌山釣太郎

サビキ釣り 誘いを掛けるとウキが即沈んでいくシーン。

南紀和歌山釣太郎

白波が流れている様子で風の強さがわかります。

南紀和歌山釣太郎

LINE投稿 3/10 アオリイカ1082g

南紀和歌山釣太郎

荒れる海 3月13日水曜日

南紀和歌山釣太郎

タイドプールを除けば小さな魚、エビ、やどかり、貝類等の生物がいっぱい。和歌山南紀は低い磯が多いので潮が引くと小さな生物がたくさん見かけます。

南紀和歌山釣太郎

車を横付けできるので、小さなお子様がいても安心してサビキ釣りができる和歌山田辺市芳養(はや)内湾はみなべ店から車で約2分。今カタクチイワシが釣れ始めました。

南紀和歌山釣太郎

海水温度の上昇とともに小魚も一気に増えてきました。海面を波打つ小魚群れ。

南紀和歌山釣太郎

車が横付けして竿が出せる和歌山県田辺市江川湾。同芳養(はや)、文里(もり)湾、新文里(もり)湾も車を真横に浸けて釣りができます。

南紀和歌山釣太郎

春休み海辺でプチ・アウトドア体験しませんか? 干潮時に小石をひっくり返してカニ捕まえゲーム。和歌山南紀は潮が引いた時がチャンス。

南紀和歌山釣太郎

煮付けにして食べれるサイズですが、食べないのでリリース。ガシラ(カサゴ)は水槽に30匹確保しているので。

南紀和歌山釣太郎

目を離すとアミエビを盗み食いくる小鳥

南紀和歌山釣太郎

タイドプールのボラ、ハゼの幼魚群れ。和歌山南紀は低い磯が多いので、多数の潮だまりができ、その中には小さな生物の宝庫になっています。春休みに家族そろって磯遊びはいかが?

南紀和歌山釣太郎

サビキ仕掛けで小魚が釣れ始めるシーズンとなりました

南紀和歌山釣太郎

海水温度が高くなるとよく釣れるゴンズイ。刺されると涙が出るほど痛いのでご用心ください。

スポンサーリンク